Notes vol.2
日々の手帖
↓

STEADYフィットネスバイクで痩せたらいい

29

今年のゴールデンウィークは手持ちの有給をぶっぱして、ほぼ11連休(途中1日だけ午前のみの短時間出社した)という素晴らしいロングバケーションだったので、久々にゲームをしまくった。

どこにいくでも無くただひたすらインドアでダラダラ過ごした結果、なんだか身体が重く感じたので満を持してSTEADYフィットネスバイク(いわゆるエアロバイク)をポチる。なんかもうずっと体重も高止まりしてるし...。

  • 折りたためばコンパクト...というほどではないけど、業務用掃除機くらいの妥当だとうな邪魔さ
  • 居間に置いたのでインテリアはそれなりに台無しになるけど、ブラックを選んだので多分マシ
  • マグネット負荷方式でめちゃくちゃ静音、テーブル拭く音より静か
  • 床との接地面が「点」ではなく「面」になっているのでグラつかず安定してる
  • サドルが横方向にデカくてなんか笑った
  • 浅く座って1時間くらいなら尻は無事
  • 深く腰掛けて長時間稼働させれば尻が痛くなる
  • 負荷調整は正直意味ない気がする(こぎ出しに若干の差があるだけに感じる)
  • モニタを犠牲にすれば付属のホルダーにiPadなどを設置して動画見ながら運動できる
  • モニタ(ディスプレイ)は古き良きウンチ液晶(充分)
  • 目標数値設定はモニタ下の操作パネル(ウンチ)を連打操作しなきゃならない
  • せっかく完璧な静音設計なのだから、モニタの操作音(電子音)のうるささをなんとかしてほしい
  • 使用後は想定の範囲内で手がくさくなる(パルスセンサーの金物臭とハンドルの素材臭)
  • 自動でスリープ(リセット)するっぽいので、電池で稼働するモニタ部分に電源という概念はない
  • 本体自体には電源は不要
  • 初期不良的なレビューが上がっていたので不安だったが問題なかった
  • 1年保証があるのでギコり始めても一応安心

組み立てはあらかじめ該当箇所にネジやナットがセットされているので、説明書を熟読しなくても余裕。サイズに合った簡易的な工具レンチとかも付属されているので、ひとりでも余裕。悲壮感を感じるのやめてください。
パーツに重さがあるのでなんか肩が強くなった気がする。あとは絞めなきゃいけないナットが結構な数(15箇所くらい)あるので、手の皮膚がわりと死にかけた。
「やだーヒゲはえちゃうー」という熱い気持ちでムキムキ作業して、20分くらいかかったかな...?

ちなみにアマゾンのレビューで謎がられている「説明書に表記されていない謎のパーツ(銀色の棒)」は、折りたたみ時にX部分のちょっと下にぶっさして、意図しない開閉を防ぐためのストッパーです。

大人になってからずっと運動と疎遠だったのに、汗をかくことが思いのほかたのしい。
居間に設置することで、なんというか「やりたいな」という気持ちになる。暇だからやっとこ、みたいな。
で、やりだすと「もったいないから1時間のっとこ」みたいな謎のストイックさが出る。

25km/hペースで34km漕いだら脚が生まれたての仔牛みたいになったけれど、効いているのは膝から上の前腿あたりのみ。ご高齢なので、翌々日まで待ってみたけれど全然筋肉痛にならなかった。
筋肉をパンパンにしたいわけではなく、あくまで「燃えろ体脂肪」なので、ちょうどよい有酸素運動ができているように思う。

天候に左右されず、ながら運動で集中力いらず、膝への負担を気にせず体脂肪を燃やすことができるエアロバイク。超おすすめです。
家が狭いのでコンパクトタイプ一択、という理由で選んだのですが、思いのほか正解感の強い買い物になった。
2021ベストバイ!(まだ6月ょ...)

STEADY フィットネスバイク ST102 STEADY フィットネスバイク ST102 / STEADY FITNESS
★★★★★
静音がマジ静音。