Notes vol.3
料理は食べ専でいたい
↓

宮川本廛(鰻料理店)

2

母の誕生日祝いに、鰻料理でおなじみ「宮川本廛ほんてん(札幌大丸店)」へ。
〝定期的〟と言うには些か長いスパンですが、年に2回くらいは猛烈に食べたくなる味。

いつもの鰻重は松<竹<梅の「松」を頼むのですが、給付金も出たし試しにワンランク上の「竹」を注文した。
焼き上がりまで30〜40分。その間生ビールを頼むもあっという間に飲んでしまい、追加で日本酒(常温)を1合...。銘柄は聞きませんでしたが辛口で超飲みやすかったです。カパカパ。

日本酒も残り二口...というところでうな重登場。
肝吸いはセットじゃなく別注文となります、が超うまいので我が家では必須です。
「竹」や如何に!と勇んで食べると超うまい。いや「松」でも十分美味かったのですが、「竹」は鰻の肉がふくふくしい。量や味付けは変わらない(十分)けど鰻のポテンシャルが高いなぁ!と感じました。これが「竹」か、と納得。
「松」でも十分うまいので満足度的には基本満点なのです。でもふくふくした食感に食べるスピードも加速しちゃいますね...。待ち30分の食12分、って感じです。我が家はうまいものを食べるスピードが速いのです。ちゃんと味わってるつもりなんだけどなぁ。
今度は「梅」もイッてみたいものですね。

我が家からの口コミで札幌本店へ足を運び味をしめた東京の叔父が、築地の宮川本廛で食べた感想は控えめに言って「イマイチ」ということでした。
なんとなく築地、という響きに期待しちゃうけど、そんなことはないらしい。※個人の感想です。
多分ですけど、何店かどうかより時期的な問題なんじゃないの?という気がします。

宮川本廛 大丸札幌店
北海道札幌市中央区北5条西4丁目7 大丸札幌店