Review vol.1
本を読んでいます
↓

カササギ殺人事件〈上・下〉 / アンソニー・ホロヴィッツ(創元推理文庫)

17

所謂「劇中劇」的な意味で使われる「作中作」のミステリです。
前情報ナシで読んだので、上巻冒頭と上巻作中の時代背景が合わずに混乱した。
上巻冒頭と下巻が「現実」で、上巻のほとんどが「作中作」という感じです。

作中作での登場人物みんな無駄に臭う感じ(それこそアガサクリスティ的な...)、登場人物の理解が浅いまま...だれの事も好きにならずパッとしない決着に向かう感じが、個人的にはあんまり好みじゃなかったです。
「未完の作中作」という設定を上回る、何かしらの感動やショックが無い。
私は「ミステリメタ(≒ネタ)」を拾い集めてホクホクと満足できるほどの読者ではなかった。

いまいちの烙印を押しつつも、今は「何を読むか」が重要じゃなくてとにかく読書欲を満たしたいので、同じ著者の「メインテーマは殺人」もポチった...。

カササギ殺人事件〈上・下〉(創元推理文庫) カササギ殺人事件〈上・下〉(創元推理文庫) / アンソニー・ホロヴィッツ
★★☆☆☆
文字量には満足。(目的の錯綜)