Review vol.1
本を読んでいます
↓

黒死荘の殺人 / カーター・ディクスン(創元推理文庫)

26

H・M卿が登場するまでが長かった...!
登場してからの解決、はやいですね。
「H・Mちゃんは動かない」系ミステリかと思ってたら最後めちゃくちゃ動いてた。

古い時代の話かつ翻訳もの、ということでなんかこうシュッと頭に入ってこないところがある。けど話自体はそんなに複雑なことは言っていないのでちゃんと読み切れた。
集団による思い込みはおっかないよね。

シリーズの初回ということで、他シリーズで設定とか結構あやふや(途中で設定が変わっちゃう)なところが出るらしい。設定が危うい系作品ってあんまり読んだことないけど。

黒死荘の殺人(創元推理文庫) 黒死荘の殺人(創元推理文庫) / カーター・ディクスン
★★★☆☆
まだ登場人物の象がはっきりしない感じ。