Review vol.1
本を読んでいます
↓

かくして殺人へ / カーター・ディクスン(創元推理文庫)

34

なんていうか珍しくエンタメ感が強い。
第二次世界大戦下という時代背景にもかかわらず、登場人物や場所が比較的現代っぽいのでシュッと世界観を掴める。
登場人物が勘違いをしているさまを"見せられている"読者、という読ませ方もおもしろい。古畑任三郎的な「読者は答えを知っている」ってやつ。

かくして殺人へ(創元推理文庫) かくして殺人へ(創元推理文庫) / カーター・ディクスン
★★★★☆
とっつきやすいね。