Review vol.1
本を読んでいます
↓

天上の葦〈上・下〉/ 太田愛(角川文庫)

38

犯罪者」「幻夏」に続く、第三作「天上のあし」は鑓水やりみずの物語。シリーズ物ということもあって、過去作の登場人物のその後を知ることができるのが嬉しい。

今回のテーマもデカい。とってもデカい。
そして重い。

鑓水はチート的に頭のいいキャラクタなので、なんだか今回の話はぐっときた。
もっと修司・相馬・鑓水の話を読みたいけれど、(執筆事情を全然追えていませんが)なんとなくこの3作で終わってしまうような気がしている。続くといいんだけどな...。

天上の葦〈上・下〉(角川文庫) 天上の葦〈上・下〉(角川文庫) / 太田愛
★★★★★
村モノのサスペンスっていいよね。